~DM-family会員限定~

新しいスタイルの相談支援を目指した「対話支援」

DM-familyではこれまで、「相談支援」を行ってきませんでした。筋強直性ジストロフィーは患者だけでなく、家族にとっても難しい病気だからです。

しかし、この病気を持っていて、いろんなことを相談したくなるのは誰しもです。何とか相談を受け付けられないか、と常に考えてきました。

患者と家族同士で相談し合うとき、問題となるのは、「誰かの方法が、必ずしも自分の正解とは限らない」という点です。

相談といえば「○○すべき」とか「指導を受ける」ことになりがちですが、同じ患者と家族同士が指導をし合う関係になるのは好ましくありません。

そこで、「対話支援」という新しいスタイルの相談支援が可能かどうかを研究することにしました。

対話支援は、「リスナー」と1対1で悩みごとなどを話していただき、「リスナー」との対話の中で、ご自分らしい解決や前向きになる効果をめざします。

リスナーとは?

DM-familyの会員の中から、一緒に研究を進めるための有志の中で、以下の基準でリスナー候補者を設定しています。

1.ピアサポート研修を受講済み
2.DM-familyの活動に積極的に参加している
3.時間や秘密を守れる
4.「リスナーの研修」をすべて受講済み

「リスナーの研修」は、おおむね2か月に一度、下記のような学びを行いました。
○遺伝カウンセリング、認知行動療法のワークショップ(4回)
○筋強直性ジストロフィーのおさらい、生命倫理、法学、社会サービスについて(4回)

リスナー候補者たちは、ある程度、相手の話を聴く訓練を積んでいます。

対話支援は、患者と家族に合うのかな?

これは実際に、会員のみなさまとテストをしないとわかりません。

そこで、会員のみなさまに実際に「相談者」としてリスナーとの対話を体験していただければと考えております。

ご相談は、医療相談以外であれば、どんなことでもかまいません。

Zoomを使用して、リスナーと個別に対話してみてください。

*リスナーと同時に、ネットの接続不良に備えて「サブ」が画面にいますが、サブからお話しすることはありません。

対話の内容は秘密を守ります

個人的なお話しになるため、リスナーとサブには守秘義務を課しています。その後、匿名化をし、どなたの相談かをわからなくします。

医療相談はできません

医療上の相談は専門医にしてください。リスナーに医療上の質問をしても答えませんので、ご承知おきください。

期間

6月17日(月)~8月11日(日)まで
(ただし、7月27日(土)と28日(日)は広島でハイブリッドセミナーがあるためお休みです)

実施日時

土曜日・日曜日
AM枠(10時~12時のうち40分)
PM枠(14時~16時のうち40分)
夜枠(20時~22時のうち40分)

月曜・水曜・金曜
夜枠(20時~22時のうち40分)

申し込み方法

1.相談をしたい日の1週間前までに、申し込みをお送りください。
  相談日の第1希望~第3希望まで書けます。相談を始めたい時間を書いてください。

2.事務局でリスナーとサブの日程調整をします。
  リスナーを選ぶことはできません。

3.事務局からZoomリンクをお送りします。どの日付になったかをご確認ください。
 *都合が悪くなったらお早めにご連絡ください。

4.指定の日時にZoomでログインしてください。
 ログイン前に音声が通じることを確認してください。
 相談は40分で終了します。

5.終了後にアンケートをお送りします。忌憚のないご意見をお願いします!

受付は随時

ただし希望日の1週間前にお願いします。

例:8月11日(日)に相談希望→8月4日(日)までに申し込み

8月4日で申し込みは締め切ります。
お申し込みをお待ちしています!

【ご参考:音声テストの方法】

【Zoom】マイクテストの方法|デバイス別に手順や設定のやり方を解説 | NECネッツエスアイ

Zoomで音声がうまく伝わらない人に向けて、マイクテストの方法を解説します。Zoomアプリを使用するデバイス別に、テスト方法を確認できる記事です。マイクテストでは問題…