お知らせ

研究開発

筋強直性ジストロフィーにおける筋萎縮の仕組みが解明。新たな治療法開発へ

2017年11月1日、大阪大学大学院医学系研究科の中森雅之先生のグループが、筋強直性ジストロフィーにおける筋萎縮の仕組みを解明したことが米国科学誌「Cell Reports」にて公開されました。 筋強直性ジストロフィーは …

ネットが変える患者と研究者:日本の筋強直性ジストロフィー患者の研究

2016年8月、オックスフォード大学と大阪大学大学院は、「デジタルツールを利用した医学研究への参加や関与:日本の筋強直性ジストロフィー患者の意見*」という論文をBMC Medical Ethicsにて発表しました。 この …

筋強直性ジストロフィー患者と介護者に向けた「生活の質」調査研究にご協力を!

筋強直性ジストロフィー患者の「生活の質(QoL:クオリティ・オブ・ライフ)」改善を目指した治療法・支援法の研究を進めるために、実際の患者と介護者に向けた調査が開始されています。 この調査は、質問紙に沿って患者に臨床心理士 …

イギリスの筋強直性ジストロフィーサポートグループ(MDSG)ニュースレターでDM-familyが紹介されました

2016年8月、イギリス「Myotonic Dystrophy Support Group(MDSG:筋強直性ジストロフィーサポートグループ)」のニュースレターにDM-familyが紹介されました。MDSGは1987年に …

「筋強直性ジストロフィー治験推進のための臨床基盤整備の研究」27年度報告書が公開されました

2016年8月18日、「筋強直性ジストロフィー治験推進のための臨床基盤整備の研究」平成27年度委託業務成果報告書が公開されました。 この研究は新規治療の開発が進みつつある筋強直性ジストロフィーにおいて、治験を推進するため …

1 2 »

ご入会はこちら

ご寄付はこちら

麻酔・鎮静に関するメモ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.